品質・性能の確かな木材を

   



〒790-0003 愛媛県松山市三番町4丁目4-1(林業会館内)
TEL. 089-941-0165 FAX. 089-941-7566
新着情報 各種資料 サイトマップ リンク 個人情報保護

愛媛ブランド材の品質基準

材種 樹種 スギ ヒノキ
JAS区分 人工乾燥構造用製材
目視等級区分(乙種)
機械等級区分製材
機械等級区分製材
(甲種構造用II)
(部材名) 管柱、通し柱 間柱、土台 梁、桁
品質基準 JAS規格での位置づけ 構造用製材(乙種)2級以上
機械等級区分製材
機械等級区分製材(甲種構造用II)
(ただし目視等級2級以上)
丸身 ないこと ないこと
曲がり 甲種 仕上げ材0.2%以下
乙種 仕上げ材0.2%以下
単独節 径比が40%以下 狭い材面 径比が40%以下
広い材面 材縁部 径比が25%以下
中央部 径比が40%以下
集中節 径比が60%以下 狭い材面 径比が60%以下
広い材面 材縁部 径比が40%以下
中央部 径比が60%以下
貫通割れ 木口 長辺寸法の1. 5倍以下 長辺寸法の1.5倍以下
材面 材長の1/6以下 材長の1/6以下
平均年輪幅 8mm以下 8mm以下
目まわり 短辺の1/2以下 短辺の1/2以下
腐朽 ないこと ないこと
狂い、その他 軽微 軽微
化粧表示の有無 なし なし
寸法基準 材長 +制限なし ~ ー0mm +制限なし ~ ー0mm
木口の短辺及び長辺 仕上げ材 75mm未満 -0mm、+1.00mm -0mm、+1.00mm
75mm以上 -0mm、+1.50mm -0mm、+1.50mm
未仕上げ材 75mm未満
75mm以上
乾燥基準 乾燥方法 乾燥方法は、林業研究センターが示し た技術基準による乾燥が望ましい 乾燥方法は、林業研究センターが示し た技術基準による乾燥が望ましい
含水率 天然乾燥
人工乾燥 仕上げ材 SD20%以下 SD20%以下
未仕上げ材
測定方法 (財)日本住木センター認定機種 (高周波式含水率計ほか) (財)日本住木センター認定機種 (マイクロ波含水率計ほか)
強度基準 機械 等級区分 製材 表示基準 等級(E)表示 スギ:E70以上、ヒノキE90以上
測定方法 MSR(グレーディングマシン) MSR(グレーディングマシン)
目視等 級区分 製材 構造材の種類 甲種(構I) JAS2級以上 JAS2級以上
甲種(構II) JAS2級以上 JAS2級以上
乙種 JAS2級以上
その他 強度基準はMSR(グレーディングマシン)で機械等級区分を行った場合にE表 示を行う。 強度基準はMSR(グレーディングマシン)で機械等級区分を行った場合に E 表示を行う。